中学受験はどのような子供がするのか?

中学受験と聞くと、皆さんはどんなことを想像するでしょうか?私立の名門中学校や中高一貫校など、地域によって様々だと思います。中学受験とは、その名の通り中学校を受験することです。小学校からの延長で自動的に入れる公立中学校には進学せず、なにか目的があって、受験をしてでもお目当ての中学校を目指すお子さんも多いのではないでしょうか。

中学受験をする理由の一つ目は、「もっと高度な勉強をしたいから」。
賢いお子さんは、小学校の頃から「授業が退屈」や、「もっと勉強したいのに、周りに合わせなければならない」ことに、多少なりとも不満があったのではないでしょうか。
高度で意欲的な、しかもそういう仲間たちの集う中学校に進めば、もっともっと勉強できると、そして将来の夢に近づくことが出来ると考えますよね。人生の早い段階で目標が定まっているのは素晴らしい事ですね。

中学受験をする理由二つ目は、「新しい人間関係の模索」。
地域によっては、幼稚園、小学校、中学校とずっと同じ顔ぶれ、ということもありますね。そこで気の合う仲間を見つけられればそれは幸せなことなのですが、残念なことにそうでないこともあります。そんな時、全く別の環境を求め中学受験をし、狭かった友人関係を広げることを考える子供さんもいます。
狭いところでパンクしてしまうよりも、広い世界に出てみるのもいいかもしれませんね。

自分の未来は自分でつくるものです。
まだ子供だから、ではなく自分で見て聞いて、選んでそして悔いのない人生を歩んでください。