馬喰横山 焼肉のお供は白いご飯とタレが鉄板

馬喰横山 焼肉のお供は白いご飯とタレが鉄板

馬喰横山 焼肉のお供に白いご飯は定番です。淡泊なご飯は濃厚な肉の味によく合います。肉とご飯を交互に食べるのも良いですが、ご飯に肉をのせて食べればまた格別です。良い色に焼けた肉とホカホカのご飯とが口の中でミックスされ、至福の味わいが楽しめます。また、油ものを食べるためにはご飯が欠かせないという人も少なくありません。肉だけを食べていると、どうしても口の中が油っこくなってしまいますが、あっさりとしたご飯を一緒に食べれば油っこさが緩和されますし、肉とは違う味わいが良い箸休めにもなります。どんどん食が進んで、つい食べ過ぎてしまうこともしばしばです。

とはいえ、誰もが白いご飯を食べるわけではありません。せっかく肉をお腹いっぱい食べられる機会なのだから、ご飯でお腹を満たしてしまうのはもったいないと考える人もいます。また、馬喰横山 焼肉ではご飯よりも酒が欲しくなることも多いでしょう。口の中に残っている肉の香りと油をビールで流し込めば爽快です。ワインと肉とのベストな組み合わせを探すのも楽しい時間の過ごし方です。しかし、ご飯なしのままで食事を終えてしまうのは少々もったいないことです。最後のシメとしてご飯を食べるのもまた良いものであり、たっぷりの肉と酒を楽しんだ後に優しい味でお腹を満たせば、満足感も高まります。

ご飯と一緒に馬喰横山 焼肉を食べるなら、カルビはぜひとも注文したい部位です。カルビ丼は焼肉店に限らず、韓国料理店やファストフード店等でも広く人気のメニューです。柔らかくて適度に脂がのっており、肉を食べたという満足感を味わえます。カルビとは、韓国語であばら、肋骨のことです。焼肉においてはあばら部分の肉を指し、バラ肉という名称でも親しまれています。牛肉の中では比較的手ごろな価格なのも嬉しいところで、遠慮なく食べられます。カルビの中でも、特に中落ちカルビは脂が多く濃厚な味わいです。中落ちカルビとは牛の肋骨と肋骨の間の肉です。ゲタカルビと呼ばれることもあります。骨がついたままの状態で骨付きカルビとして提供されることもあります。濃厚な肉とあっさりしたご飯とのコントラストは素晴らしく、どんどん食が進みます。

それから、ホルモンもご飯によく合います。赤身肉とはまた違った味わいで馬喰横山 焼肉の楽しみを広げてくれます。ホルモンとは広くは内臓全体の肉を指す言葉ですが、腸や胃に限定した部分を指すこともあります。一口にホルモンと言っても様々な肉の種類があり、それぞれに違った味わいを楽しめます。例えばシマチョウは大腸の肉で、縞状に脂が入っていることが特徴です。テッチャンとよばれることもあります。ホルモンの代表的な部位であり、脂のジューシーさと噛みごたえとを併せ持っています。旨みの強い部位であり、ご飯と一緒に食べるのに適しています。また、より噛みごたえを求めるならミノもおすすめです。牛には胃が4つありますが、ミノはそのうち1つ目の胃にあたります。肉厚でガムのような弾力があり、いつまでも噛んでいられます。ミノの中でも肉厚な部分はより脂がのっており、上ミノまたはミノサンドとも呼ばれます。

そして肉とご飯を美味しく味わうためにはタレの存在が不可欠です。馬喰横山 焼肉ではタレも良い仕事をしてくれます。タレにはお店のこだわりが凝縮されています。熟成させたうまみたっぷりのタレなら、肉の味が引き立ちご飯がさらに進むでしょう。肉とタレとご飯との組み合わせはやみつきになる味わいです。定番の醤油ダレだけでなく、塩ダレや味噌ダレも使い分ければさらに楽しみが広がります。ぜひ馬喰横山 焼肉とタレ、そしてご飯のハーモニーを堪能してください。

最新投稿

  • [2019年05月29日]
    ホームページを更新しました。

  • [2019年05月29日]
    運営者情報を追加しました。